環境省委託事業

脱炭素化実証事業

世界初、水素エンジントラック・コンバージョンの開発と
B to B 型水素ステーション実現のための調査を開始

i Labo が早期の CO2 削減に向けた環境省委託・補助事業を受託

i Labo 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山根公高、以下 「i Labo」)は、環境省が実施する「令和3年度水素内燃機関活用による重量車等脱炭素化実証事業」(以下「本事業」)に応募し、このたび採択されました。

本事業では既存の軽油で走行するディーゼルエンジントラックを、水素燃料で走行する水素エンジントラックに改造する「水素化コンバージョン」により、走行時の CO2(二酸化炭素)をゼロにします。車両に搭載される既存の燃料供給部品を燃料電池車などで利用されている水素タンクをはじめとする高圧水素に適合した各種部品に変更し、2023 年度には、水素エンジントラックの営業走行による貨物輸送を通して、安全性・実用性・経済性の検証を行います。

また、多くの大型商用トラックが営業運行を行うトラックターミナルを中心に、水素を供給する水素ステーション(以下「B to B 型水素ステーション」)の経済受容性の検証および実現可能性調査を実施します。

既存大型重量車両の水素化コンバージョンシステム (トラック例)

既存大型重量車両の水素化コンバージョンシステム (トラック例)

■i Laboの目標

i Labo は、重量車両機器の設計・試作、エンジン水素化の設計・試作、水素化コンバージョンプロセスマニュアルと重要部品キットの提供、水素化コンバージョン技術に関する人材育成と技能認定の標準化という事業を通し、2050 年までに重量車 20,000 台以上の水素コンバージョンを目指します。これにより、2050 年までに累積 24 万トン以上の水素需要を生み出すと同時に、トラックの走行で排出される CO2 は累積 104 万トンが削減されると見込んでいます。

また、トラックに加えて、この技術を発電機、船舶、重機・建機といった多量の CO2 を排出しており、なおかつ出力(馬力)を必要とする「パワーハングリーエンジン TM」を搭載する機器への応用を行うことで、国連が2030 年での達成を掲げる SDGs(持続可能な開発目標)に則った社会の実現に貢献してまいります。

 

 

TOP